RACAL

Flip-Side Racal 【04】

2018.08.09 // Written by Racal // Category BLOG, Diary, News

さて、帽子ブランドであるRacal(ラカル)のB面を担う

Flip-Side Racal

独断と偏見でセレクトした商品紹介をさせて頂きたく思います。

正当派ヴィンテージのお固いところは

古着屋さんにお任せしてユルく始動していこうかと。

4回目として紹介するのはこちら

スティーブン・スピルバーグの【E.T. / The Extra-Terrestrial】のSNAP BACKです。1982年のデカール付きNOS(New Old Stock)日本で言うとこのデッドストックです。S.W.はネズミの国に売られてしまい最近はスピンオフ含め乱発気味で少々残念ではありますが、こちらUNIVERSALのE.T.は素朴(商売映えする要素が少ない)なのでいつまでもいい思い出として廃れません。あくまで個人的見解です。台湾製となっておりますが、80年代というのは様々な先進国が衣類に関わらず電化製品なども海外生産へ移行し始めた時期で、今となっては当たり前の中国生産はまだ技術的にもインフラも整っていなく、細かい刺繍作業が入るものなどはメキシコやエクアドルなどの中南米では難しく、よってアメリカとの対貿易友好国であり小回りの効く台湾や韓国から広まっていったものでした。映画は勿論好きなのですが、映画と言えば音楽。数々の映画音楽を生み出した巨匠John Towner Williamsは、もともとN.Y.出身でL.A.に移り住んで映画音楽の制作活動に入る以前はJazz Clubでプレイするピアニストだったのですよね。彼自身の名義で「TOUCH」というスウィングのアルバムを出しておりますが、やはりというか当然イイです。そういえば、数年前にGoastbustersも続編的なのやってましたね。最近ではBlade Runner2049も上映してましたが、E.T.も!?それは勘弁して欲しいところです。

【E.T. Snap Back】
ボディメーカー / 不明
素材 / ポリエステルポンチ
サイズ / Snap BackなのでOne Size Fit All
生産国 / 台湾
年代 / 1980s

*ここで紹介させて頂いたアイテムは弊社Ray’s Storeにて販売しております。

http://www.rays-store.jp/