RACAL

Flip-Side Racal 【05】

2018.08.17 // Written by Racal // Category BLOG, Diary, News

さて、帽子ブランドであるRacal(ラカル)のB面を担う

Flip-Side Racal

独断と偏見でセレクトした商品紹介をさせて頂きたく思います。

正当派ヴィンテージのお固いところは

古着屋さんにお任せしてユルく始動していこうかと。

5回目として紹介するのはこちら

いわゆる企業のADものです。簡易的なメッシュキャップならばExpoなどでスタッフが被るためと思われますが、この個体は5パネルで素材もDuPontのSUPPLEX NYLONを採用しているところを考慮するとトラックかマラソンか分かりませんがスポンサード企業としてランナーへ提供していたものと思われます。DuPontのSUPPLEX NYLONは軍へ支給していたことでも有名ですね。その辺のチープなナイロンと具体的に何が違うのかというと細い繊維を高密度で織り込むことでしょうか。そうすることによって薄く軽く丈夫、結果的に耐久性、速乾性に優れ、しなやかな肌触りが得られるというわけです。企業はIBM、International Business Machinesの略でお分かりの通り企業向けのコンピュータ関連製品のメーカーです。少し前に公開していた「DREAM」という映画の中にも登場していましたが、NASAが初めて採用したコンピュータがIBMでした。50年代後半から60年代、ソ連とアメリカで繰り広げられていた宇宙戦争。61年にスプートニクスに乗船したガガーリンが人類初の有人宇宙飛行を成功させアメリカを焦らせ一気に加熱、その1ヶ月後にアメリカも成功するのですが、軌道から着地点の割り出し計算をするのに活躍しました。映画はマーキュリー計画云々より当時の人種差別の壁、男女格差の壁をブラックの女性達が実力行使で地位を獲得し、その後の社会への影響を与えたといったような内容で実話を元にしているので過剰な演出もなくいい映画でした。同じ映画でも「007は二度死ぬ」は東西宇宙戦争を題材にしていながら現実離れしたハチャメチャなストーリーでしたね、ぶっ飛んでて面白かったですが。そしてついに2022年にはアメリカが月に基地建設を開始するらしいですから、宇宙はもっと身近なモノになっていくでしょうね。話を戻してフロントのプリントですが「TOP FAB」は「半導体メーカーで一番だよ」的な自負のメッセージ。IBMはバーリントン(Burlington)だったのですね。まったく知りませんでした。バーリントンといえば「Ben & Jerry’s」の本拠地。その位しか知りませんが真っ青な帽子を被って走るのに快適な街のようです。

 

【IBM 5Panel HAT Adjustable Back】
ボディメーカー / 不明
素材 / デュポン社 SUPPLEX NYLON
サイズ / SAdjustable BackなのでOne Size Fit All
生産国 / Unknown
年代 / 1990s

*ここで紹介させて頂いたアイテムは弊社Ray’s Storeにて販売しております。

http://www.rays-store.jp/





 




Flip-Side Racal 【04】

2018.08.09 // Written by Racal // Category BLOG, Diary, News

さて、帽子ブランドであるRacal(ラカル)のB面を担う

Flip-Side Racal

独断と偏見でセレクトした商品紹介をさせて頂きたく思います。

正当派ヴィンテージのお固いところは

古着屋さんにお任せしてユルく始動していこうかと。

4回目として紹介するのはこちら

スティーブン・スピルバーグの【E.T. / The Extra-Terrestrial】のSNAP BACKです。1982年のデカール付きNOS(New Old Stock)日本で言うとこのデッドストックです。S.W.はネズミの国に売られてしまい最近はスピンオフ含め乱発気味で少々残念ではありますが、こちらUNIVERSALのE.T.は素朴(商売映えする要素が少ない)なのでいつまでもいい思い出として廃れません。あくまで個人的見解です。台湾製となっておりますが、80年代というのは様々な先進国が衣類に関わらず電化製品なども海外生産へ移行し始めた時期で、今となっては当たり前の中国生産はまだ技術的にもインフラも整っていなく、細かい刺繍作業が入るものなどはメキシコやエクアドルなどの中南米では難しく、よってアメリカとの対貿易友好国であり小回りの効く台湾や韓国から広まっていったものでした。映画は勿論好きなのですが、映画と言えば音楽。数々の映画音楽を生み出した巨匠John Towner Williamsは、もともとN.Y.出身でL.A.に移り住んで映画音楽の制作活動に入る以前はJazz Clubでプレイするピアニストだったのですよね。彼自身の名義で「TOUCH」というスウィングのアルバムを出しておりますが、やはりというか当然イイです。そういえば、数年前にGoastbustersも続編的なのやってましたね。最近ではBlade Runner2049も上映してましたが、E.T.も!?それは勘弁して欲しいところです。

【E.T. Snap Back】
ボディメーカー / 不明
素材 / ポリエステルポンチ
サイズ / Snap BackなのでOne Size Fit All
生産国 / 台湾
年代 / 1980s

*ここで紹介させて頂いたアイテムは弊社Ray’s Storeにて販売しております。

http://www.rays-store.jp/








Flip-Side Racal 【03】

2018.08.01 // Written by Racal // Category BLOG, News

さて、帽子ブランドであるRacal(ラカル)のB面を担う

Flip-Side Racal

独断と偏見でセレクトした商品紹介をさせて頂きたく思います。

正当派ヴィンテージのお固いところは

古着屋さんにお任せしてユルく始動していこうかと。

3回目として紹介するのはこちら

渋谷、原宿辺りを歩いていると1日に1回は見るかもしれない!?野球帽。おなじみのN.Y YANKEES。ただし、皆が被ってるNEW ERAや47BRANDなどのカチッとキマったナウいヤツではなくてユル~イ感じのSnap Back。3個とも80s、MLB公認なのだけど個体差あり過ぎですよね。その不安定なクオリティが時代を反映していて好きなのですが・・・。80年代後半から90年代にかけて一世風靡したSports Specialities製のシリーズも好きだけど、あれはスベリが「白」にしたのが致命的な失敗でしたね。NWA絡みで人気があったRAIDERSやKINGS、現代では相当なプレミアがついているけどスベリに汗シミがヒドくて被れないのが多い。同時期にReebokも公認で企画生産していたけどデザインがイマイチだったかな。スポーツグッズもその時代を担うブランドがバックアップしているわけでテニスではフェデラーのユニホームスポンサーが今シーズン途中でNIKEからウニクロになったのが話題でしたね。NBAもADIDASとの契約を終え先シーズンから新たにNIKEとサプライヤー契約を結びました。更に今シーズンからレブロンがレイカーズへ移籍、マジックやウォージーのショータイムバスケ時代の強きL.A再来を願うファンは多いはず。先日発表された18-19SEASONのユニホームもフォントが当時を意識したクラシックデザインでホント商売上手。さて、話を戻してこのユルユルな野球帽、やはり生粋のニューヨーカーの被り方を参考にしたいところ。しかしファッションピーポーはカチカチでギラギラなのが多いで・・・。そうなると誰だろ?Spike Lee、Morgan Freeman、僕は写真をやっているのでイメージするところではWilliam Klein、Jonas Mekasでしょうかね。Jonasはハットのイメージが強いかな。Ryan Weidemanなんてどうでしょうか。彼の写真集【In My Taxi】が好きで、彼自身がイエローキャブの運ちゃんになって乗客を自身と共に写しているポートレートシリーズがあるのですけど、濃い客ばかりで見応えがあります。演出か偶然か分かりませんが終ページの乗客がAllen Ginsbergだったり。Ryan Weidemanに限らずイエローキャブの運ちゃんはボロボロのキャップ着用率が高いので参考になります。そんな遠くを見ずとも近所のおっさんで充分かもしれませんが。波平さん世代はハットが主流ですが、マスオさん、穴子君、カツオ、タラちゃんまでの世代は断然野球帽ですからねぇ。ノリスケさんは記者だけにハンチングか。

【上段】
ボディメーカー / 不明
素材 / ポリエステルポンチorポリエステルジャージー
サイズ / Snap BackなのでOne Size Fit All
生産国 / 無
年代 / 1980s

【中段】
ボディメーカー / Active Generation
素材 / ポリエステルポンチorポリエステルジャージー
サイズ / Snap BackなのでOne Size Fit All
生産国 / USA
年代 / 1980s

【下段】
ボディメーカー / 不明
素材 / ポリエステルポンチorポリエステルジャージー
サイズ / Snap BackなのでOne Size Fit All
生産国 / 無
年代 / 1990s


*ここで紹介させて頂いたアイテムは弊社Ray’s Storeにて販売しております。

http://www.rays-store.jp/