RACAL

Flip-Side Racal 【07】

2018.09.14 // Written by Racal // Category BLOG, Diary, News

さて、帽子ブランドであるRacal(ラカル)のB面を担う

Flip-Side Racal

独断と偏見でセレクトした商品紹介をさせて頂きたく思います。

正当派ヴィンテージのお固いところは

古着屋さんにお任せしてユルく始動していこうかと。

7回目として紹介するのはこちら

酷暑の夏は何処へ・・・ということで今回はグッと秋めいてきたところでEddie Bauerのご紹介。今はもう見る影も無いというか、ここ数年ですっかりオジサン向けプロダクトへ移行してしまった残念なEddie Bauerですが、かつては輝いていたのです。まだ原宿に裏原ブームなるものが訪れる少し前、インポートブランド全盛期。SEXPERIENCE、アメリカンロゴ、STS、トペコンヒーロなど今では何じゃそりゃ?と言われてしまうそうですが、並行輸入のアメリカモノを扱う店が賑わっていた時代です。まだ、GAPが二子玉に1軒しかなかったんですよね、懐かしいです。で、Eddie Bauerは、主にB-BOYやスケーターに人気がありました。とはいえまぁ、RALPHやNORTH FACEなどに敵うわけもなく、でもそれらに比べて安価だったことでスタイリングの一部に取り入れられることが多かったのでしょうね。その中でも特に人気があったのが、今回紹介するこのCAP。DUCK BILL型です。その当時を知っている人なら分かるかもしれませんが、基本的にインポートのCAPは被りが浅く日本人の頭には合っていないのですが、このEddie Bauerは深くてしっくりくるのです。また、画像を見て頂ければ分かるかと思いますが、ブリム、そして後ろのアジャスタブルベルトは本革です。ボディのダック生地も如何にもタフなアメリカを象徴しているように感じます。大部分の生産拠点を海外へ移していた時代にMade in U.S.Aというのもこの個体の品質の良さを物語ってくれているかと思います。


 
【Eddie Bauer Duck Bill Hat】


ボディメーカー / Eddie Bauer


素材 / コットンダック、レザー


サイズ / One Size Fit All


生産国 / U.S.A


年代 / 1990s

*ここで紹介させて頂いたアイテムは弊社Ray’s Storeにて販売しております。

http://www.rays-store.jp/